効果のあるED改善方法

適度な運動にはリラックス効果やストレス発散効果が期待できます。また効果的な食材などを意識的に取り入れることで改善が期待できます。運動や食事によって体が活性化するため、加齢によるEDの人にも有効といえるでしょう。

*

今から始められる運動や食事でEDを改善する

適度な運動にはリラックス効果やストレス発散効果が期待できるため、心因性のEDの人にとっても、運動は非常に有効であるといえます。体を動かすことによって体が活性化するため、加齢によるEDの人にも有効といえるでしょう。

EDに効果のある運動はウォーキングなどの有酸素運動

そもそも発起力を高めるためには、男性ホルモンのテストステロンが必要不可欠です。このホルモンが減っていくことにより、男性の健康状態にも影響を及ぼすことになります。男性にとって非常に重要となるため、ホルモンは、スポーツなどを定期的に行うことによって、筋肉を動かすことが大切だと報告されています。

EDに効果のある運動としては、ストレッチなどの軽い体操や、ウォーキングなどの有酸素運動がよいかれています。ゴルフやテニスなどのスポーツもよいと言われていますが、あまりやりすぎない程度にとどめておくとよいでしょう。定期的に続けるのであれば毎日のラジオ体操や、夜寝る前にヨガなどをしてみるのもよいでしょう。

そして具体的には、スクワットがよいといえます。スクワットは膝の屈伸運動で、足腰を鍛えることができます。様々なスポーツの練習の際にも、トレーニングとしてもちいられることでしょう。スクワットをすることによって骨盤底筋群を鍛えることができ、EDの改善にも役立つといわれています。骨盤底筋群は、骨盤の底の方に広がっている筋肉のことをさし、膀胱などの内臓器官が下の方にたれるのを支える筋肉のことを呼びます。

筋力が落ちると勃起を長時間維持することができなくなる

男性の陰茎は、表面に出ているのは全体の4分の3程度といわれています。残りの4分の1ほどは体内に隠されていますが、その根元はこの骨盤底筋群のすき間に入っているのです。そしてこの筋肉群が陰茎の根元をしめつけることによって、陰茎の海綿体に流入した血液が逆流することを防いでいます。つまりこの筋肉群の働きが弱まることによって、勃起している時間を長時間維持することができなくなってしまいます。

そしてスクワットは背骨を支える筋肉群をも鍛えることが可能です。これによって神経伝達機能を活性化させて、EDの改善に役立つといわれています。さらには腰に存在する腰椎も鍛えるかできます。腰椎の上の方には勃起中枢と呼ばれる神経が存在しています。そのため、腰椎を鍛えることによって勃起中枢が活性化するので、改善に大きく役立ちます。
そして近年では軽く体を動かすことができるとして、ウォーキングやサイクリングが注目されています。心臓や関節に負担をかけることなく、軽く汗をかく程度がよいと言えるでしょう。

EDを根本的に改善したいなら効果的な食材などを意識的に取る

EDは薬剤を使用して解決を目指す方法が最も知られていますが、経済面と健康面の両面が心配ですし、服用しなければ本来の機能を取り戻す事ができず、一時しのぎになってしまいます。根本的に治していきたいのなら体内からのアプローチが求められ、そのためには食事の際に効果的な食材などを意識的に取り入れなければなりません。

ただし、闇雲に組み合わせて献立を考えても意味が無いですし、同時に口にした栄養素同士が打ち消し合ってしまい、プラマイゼロになる可能性もあります。そうした点から食事によって血管と血流をスムーズにし、滋養強壮と男性ホルモンの量が増やせる物を食べるようにします。尚且つ、メンタル面でリラックスしていて緊張感やストレスをクリアにできていなければ、メニューに問題が無くても身体が反応しなくなるので、合わせてリラクゼーション効果がある材料を要所要所で取り入れていきましょう。

男性ホルモンを生み出す亜鉛を摂取する

そのような条件を全て満たしているのが牡蠣であり、男性ホルモンを生み出すために欠かせない亜鉛が、膨大な食材の中で最も含有されています。精力剤にもしっかりと入っているのですが、一つ分の牡蠣の中には栄養ドリンクを多量に摂取しても追いつかないほど豊富です。しかも、体液を作り出すために直接的に作用するので、これから子を授かりたいと考えている方や、なかなか子供ができないと悩んでいる夫婦にも頼もしいです。

そして、滋養強壮剤に用いられるタウリンも多い上に、人体機能を維持し機能向上するために求められる20種類の必須アミノ酸のうち19種類もあるので、ほぼ全てを牡蠣のみで賄えるほどです。タウリンには血液の粘度が下げられる力もあるので、デリケートな部位への血の巡りが良くなり、しっかりと機能するようになります。ほぼ同じような成分で構成されているのはレバーで、ビタミンBやビタミンCといったビタミン類が充実しているのが特徴です。

ビタミンCは特定の栄養源と組み合わさると、人体にスムーズに吸収できるように変換されるため、EDの治療といった観点では少し頼りない食事内容でも、レバーを同時に口にしていれば不足せずに補えます。このようにEDに優れた効果をもたらしてくれるのは生物という共通項があるので、食べたくても食べられない方が居るのも事実です。そこで、馴染み深い和食でEDからの解放を考えているなら、色々な料理に混ぜ合わせられるごまを使うと良いでしょう。

公開日: